GMOとくとくBBのWiMAX2+キャンペーン契約前の3つのチェックポイント

GMOとくとくBBのキャンペーンを見ていると非常に魅力的なキャンペーンに見えます。というより、実際に魅力的なキャンペーンが多いんです。それは間違いありません。

WiMAXはUQ WiMAXの回線を利用しているので、プロバイダーによる差はありません。エリアも速度も変わりません。私自身も常にWiMAXの契約はキャンペーンを利用しているため、数社のプロバイダーを利用していますが、明確な差を感じたことはありませんから。

ではこのままGMOとくとくBBのWiMAX2+キャンペーンで契約してしまってもいいのでしょうか。出来ればGMOとくとくBB WiMAX契約前にしっかりと知っておいて欲しいことがあります。その内容を確認したうえで、自分には全く問題ないと思ったらキャンペーンで契約をしてもいいと思います。契約前にチェックしておきたいことはたった3つですから。

1.キャッシュバック受取り期間は1年後

通常のキャッシュバックというと、購入してすぐに貰えるようなイメージがあると思います。これはGMOとくとくBBの問題だけではないのですが、キャッシュバックが貰えるまでの期間が非常に長いです。

その中でもGMOとくとくBBの設定している約1年後というのは長いほうだと思います。

ただ、その分高額なキャッシュバックを貰うことができます。受取までの期間は問題ないでしょうか。もし1年も待てないなら他のプロバイダーにするべきです。ですが、早く受けとれるプロバイダーでも7ヶ月程度は待たされるので大差ないかもしれませんが。

2.キャッシュバックの受取にはメールを確認しないといけない

いざ1年が経過したとします。そのころにGMOとくとくBBから「キャッシュバック受取に関するメール」が届きます。届くのは「GMOから契約時に付与されるメールアドレス宛です。」このメールに必要事項を記入し返信しないとキャッシュバックは受取ることができません。

1年後のメールも注意して確認することができるでしょうか?

対策として、メールを日常的に利用しているメールアドレスに転送することは、ユーザーページから簡単にできます。毎月何通かの宣伝メールが届くことになりますが。

普段からまったくメールを使わない・・・ということが無ければ、問題ないと思います。

GMOとくとくBBで、キャッシュバックが受取れないなんてことはありません。メールに返信をすれば必ず振り込まれます。

3.解約時はWebで手続きできない

解約がしたい時には、契約時に端末と同梱されてくる「解約書類」に必要事項を記載してSIMカードを添付して郵送する必要があります。

残念ながらそれ以外の解約方法はありません。しかも解約したい月の20日より営業日(平日)2日前に届くように送る必要があります。ですから実質解約月は15日も使えないでしょう。郵送も確実に届いたのを確認できる配達方法を選んだほうがベターでしょう。

手間は確実にかかります。他社プロバイダーは郵送手続きの必要もなく、Webだけで解約することもできます。

そのぶんだけ、GMOとくとくBBは料金も安いですし、キャッシュバックも高額なんだと思います。

注意事項は上記3つだけ

注意事項は上記の3つだけです。以上の3つが問題ないなら、安くお得に利用できるGMOとくとくBB wimax2+のキャンペーンに申し込みをしてもなんら問題ないと思います。

現在の最新端末ならhwd15 キャンペーンかnad11 キャンペーンがいいでしょう。

お得なキャンペーンは以下から申しこみできます。

このページの先頭へ